エポプルーフ

エポプルーフ

概要

エポプルーフは防蝕防水を目的に開発された無溶剤塗料の弾性エポキシ樹脂系常温硬化型の厚膜塗料です。
エポプルーフの持つこの優れた特性は湿潤面への接着力の大きさにも発揮されています。
エポプルーフは一般塗料には考えられない耐熱・耐寒、耐油、耐酸性で然も耐水、防蝕性は抜群です。
鉄鋼、建築土木、造船、海洋施設業界で20年以上の耐久実績が数多くあり、塗装の目的を確実に果たします。

特徴

エポプルーフは素地調整が不十分でも塗装できます

  • 鉄構造物の場合は錆のザラつきを除去すれば三種ケレンでも塗装が可能で用途範囲が広い。
  • 湿潤面塗布可能塗料です。高湿度結露面でも拭きながら塗装作業が出来ます。
  • A:Dカラー、A:QWは5℃以上あれば硬化反応が徐々に進行します。 水中における塗膜強度が永年に亘って低下致しません。
  • 純水プラントにも充分耐えます。(比抵抗5以下)
  • 鉄・亜鉛、ステンレス、コンクリート、FRPにも直接塗装出来ます。
  • エポプルーフは全て主剤:硬化剤1:1の混合の無溶剤塗料です。

用途

コンクリート構造物

  • 上水場濾過池内面防水塗装 水道規格JWWA K-143・K-157
  • JR施設コンクリート防水工事 新幹線PC桁等防水仕様認定品
  • 下水・し尿処理施設 下水道局・市役所向けに実績あり
  • 排水用水槽内面防水
  • 厨房排水溝等の油汚染補修
  • 埋設ピット壁面・底面の防水
  • 屋外駐車場車台耐摩耗性強化
  • 屋外塩害防止(防水防食)
  • 魚類養殖用水槽内面防水 海水魚及び淡水魚用
  • 電力業界施設
    海水排水路・トンネル・水圧鉄管・構内施設防水防食
  • 屋外防液堤耐薬品性防蝕塗装
    化学工場の貯蔵タンク周囲(耐酸・耐アルカリ)
  • 製防潮堤・防波堤のコンクリート中性化防止とコンクリート強化
  • 穀物サイロ内面耐磨耗・気密性保持
    (薫 蒸ガスの漏洩防止・穀物落下による壁面磨耗防止)

鉄構造物

  • C重油タンク内面防蝕
  • タンク内外面防水防蝕
  • シーバース防蝕
  • 製塩工場防蝕
  • 鉄骨階段手摺り及び踏板の防蝕・耐磨耗
    (外部の場合は要上塗=アドトップ S-HB)
  • 立体駐車場車台の防蝕・耐磨耗
    (外部の場合は要上塗=アドトップ #50U)
  • 厨房SUS製側溝防蝕仕様
  • SUS製タンク内面防蝕仕様
  • 高炉メーカーの建屋内部防蝕 酸性ガスによる腐蝕防止
  • 新築工場のH型鋼・アングル等構造用鉄板の防蝕
    (特に海岸工場地帯の建屋)
  • 鉄塔・橋脚の基礎コンクリートとの取り合い コンクリートの補強・鉄部の腐食防止
  • 5年・10年の耐食性・耐候性を必要とする鉄構造物
    (外部の場合は上塗りあり)

施工例

種類

A:Dカラーは水道用塗料の水質基準に合格しています。(水道規格JWWA K-143・K-157)

  • 飲料タンク(鉄、ステンレス、コンクリート、FRP)の防蝕・防水に優れ、塗装後の塗面は衛生上安全です。
  • 食品・製薬工場、クリーンルーム等の床ライニングに最適。カビの発生も防止します。
  • 船舶の飲料水タンクにも数多く使われています。
  • 厚膜用又はエッヂの膜厚確保にダレ防止タイプの硬化剤DRGを使用して下さい。

A:QWは鉄構造物に対して秀れた重防蝕性があります

  • A:QWは好気性・嫌気性バクテリアの防蝕に耐性があり、又耐酸性にも優れています。
  • し尿処理施設、終末処理施設に使用され安定した長い実績があります。
  • A:QWは道路,床板,遂道,地下室,船舶の二重底等の防蝕・防水に多様な実績があります。
  • A:QWのレジンモルタルはジョイントシールに適しています。

ASP:DSPは劣化コンクリートの浸透性防水強化用補強材料です。

  • 劣化の激しいコンクリートに良く浸透して強固に防水効果 を発揮します。
  • 脆弱化して粉っぽい古いコンクリートに浸透して活性化した材質にします。

施工仕様書

より詳しい事例、仕様など製品に関するお問い合わせはこちらから

関連会社